》Youtuber必見!著作権フリーで使えるBGM音声素材サイト

【ユニクロ】おしゃれアドバイザーMBさんがコスパ最高とイチオシの逸品を購入

今回、僕が何を買ったのか、最初に言います。

ユニクロの「パーカー」です。

「え、ユニクロのパーカーなんて普通のパーカーでしょ?」と思うかもしれませんが、、

「このパーカーについては、僕は諸手を上げて、降参です。

by MB

ファッションアドバイザーであり、ユニクロ研究家という肩書きもtwitterのアカウント名に入れているMBさんが、

「この価格で、このクオリティで出せる所は無いです。」と断言したのが、ユニクロのパーカー。

MBさんが熱く語ったユニクロパーカーのスゴさ

動画で語られているポイント抜粋

・ユニクロの商品開発チームは、パーカーを買いまくった
・パーカーのカッコよさは「フードのボリューム」にある
・フードを「2枚仕立て」にして、ボリュームを出した
・乾きにくくなるフードが乾きやすい「フード内側」の工夫

詳しくは、下記の動画を見てみてください。

MBさんの記事はこちら

ユニクロのスウェットプルパーカが究極の逸品である理由!誰も知らない制作秘話!http://www.neqwsnet-japan.info/?p=31280

ユニクロのパーカーがアップデートしていることがわかる画像

今回、パーカーを買った理由は、MBさんがオススメしていたから!…というわけでは実はなく、

着ていたパーカーが破れたから。

さすがに長年の着用で生地が弱っていたようだ

いつから着ていたか覚えていないほど前から着ていたパーカー。おそらく5年は着ていると思う。いや、もっと前からかもしれない。

さすがにヘタってきているとは思っていたが、昨晩、袖に手を通すときに、親指が引っかかったまま手を伸ばしたら、破れた。

他の場所も擦り切れていたりしていたので、だいぶ生地が弱ってきていることはわかっていた。でも着れるうちはなかなか買い換えようとは思わない性分で、そのまま着ていたら、ついに破れた。

そして次なるパーカーを購入しようと調べているうちに、MBさんの記事に出会いました。

ZOZOも見たり、パーカーに関しての記事も見たりしていたが、MBさんの記事で衝撃を受けた。僕は知らなかった、ユニクロのパーカーの、そのスゴさを。

ユニクロパーカーのアップデートを新旧で比較してみました

まずは、記事・動画の中で触れられている「フード」の違い。

ユニクロパーカーのフードは、フード部分のボリュームを出すために生地を2枚重ねにしているのでボリュームは出るが、今後は「乾きにくい」という問題が出てきてしまう。

新しい方のフード

そこで、フードの外側はパーカー本体と同様に綿100%だが、

フードの内側は「綿61%・乾きやすいポリエステル39%」にすることで、生地が1枚のパーカー本体と、生地が2枚のフードが、同じぐらいのタイミングで乾くように考えられているそうだ。

ユニクロジップアップパーカーの素材表
「フード裏だけ、61% 綿・39% ポリエステル」
よく見ると外側(左)と内側(右)で素材感が違っている

上の画像はフードの付け根の部分。左がフードの表で、右が内側。たしかに、意識してみてみると、若干の素材の違いがわかる。

しかし、こんなフードの内側だけ素材が違っているなんて、言われなかったら誰が気づくだろう。。

古い方のフード

上の画像は、着ていたパーカーの同じくフードの付け根の部分だが、ステッチの外側(左側)と内側(右側)の生地は同じで、両方とも綿100%になっている。

リブ部分にはポリエステルが使われているが、フードは本体に含まれて綿100%。

リブには元々ポリエステルが混ざっている。これはおそらく伸縮性を持たせるためだと思われるが、これが「乾きやすさ」にもつながることに気づき、フード裏地への発想が広がったのかもしれない。

パーカー新旧比較:ポケット

ポケットも違いがあった。

古い方のポケット

ポケットの端の部分に違いがありました。

新しい方のポケット

余計な縫い目がなくなって、端の部分も太くなってますね。

裏側にも違いが。

古い方:ポケットの縫い目がしっかり出ている
新しい方:白い糸で目立たない縫い目に

パーカー新旧比較:袖口

古いほうの袖口

新しい方の袖口

袖口は少し長くなっていました。少し長いことで、手首がやさしく包まれる感じが増した気がする。

「すそ」のリブも、少し長くなっていました。

ユニクロのパーカーのすそ
左が新しい方で、右が古い方。

パーカー新旧比較:フードのひも

古い方のひも

ユニクロのパーカーのフードのひも
パーカーのひもの先は結ばれている。

新しい方のひも

パーカーのひもの先に「金属カバー」が付いている

パーカー新旧比較:ジッパー

ジッパー横の布が、新しいほうがボリュームがあるが、古い方もあったのかな。経年劣化かも。
古いほうが少しゴールドっぽい黄土色で、個人的にはこっちの色のほうが好き

パーカー新旧比較:フードの付け根の色

フードの根本の色も異なる。右の古い方の、麻っぽい色のほうが個人的には好き。

パーカー新旧比較:タグのデザイン

古い方のタグ

ユニクロとは書かれておらず、アメカジっぽいテイスト。

新しい方のタグ

カタカナと英語表記。グローバル対応か?

(追記:記事を書いた後、ツイッターに流したら、こんなコメントをいただいた↓)

https://twitter.com/riririanri/status/1254781822463905792?s=20

なるほど、四角が2つ並んでいるのが1セットで、1つのロゴなんですな!ご指摘ありがとうございます。1つカシコクなったぞ。

というわけで、手元にあった長年着てきたパーカーと、新しく買ったパーカーを比較してみると、たしかに細かな違いがあり、ユニクロがマイナーアップデートを繰り返しているということがわかりました。

最後のつぶやき

いつもなら破れたパーカーを「ま、ユニクロでいいか」と買い替えて終わりになるところが、MBさんの記事に出会ったことで感じる価値が大きく変わって「あぁー、ええパーカー着れてうれしいわぁ〜」としみじみと着ています。

MBさんも言ってますけど、ユニクロさん、もっとこういうこと言えばいいのに。パーカー以外も、気づかれていないような細かなアップデートがあるんでしょうね。