》さまぁ〜ず三村の”見たことない動き”

「レンタル家族」を依頼する理由。60代男性。ワイドなショーにて。

ワイドなショーで「レンタル家族」について放送されていた。

依頼者は、60代の男性。4年前に妻に先立たれ、試しに依頼してみたとのこと。

3ヶ月に1回、お願いしているとのことで、やって来るのは妻役の50代女性と、娘役の30代女性。

「もう、何回も来てるもんね。」と娘役の女性が言う。

依頼者「最初に、なんて呼んだらいいですか?と聞くと、『なんて呼ばれたいですか?』と聞かれました。

妻のことは『お母さん』と呼んでいたので『お母さん』と呼ばせてもらって、娘はカナコで『カナ』と呼ばせてもらっています。

僕は『お父さん』と呼んでもらっています。」

最初の頃は「食器はこっち」とか、いろいろ言っていたが、何回も来てもらってるうちに、どこになにがあるかも把握してくれている、と。

依頼者「家族でたこ焼きをやっていて、という話をすると、じゃあ今度たこ焼きしましょうとなって、今日はたこ焼きをするんです。」と。

レンタル家族だとわかってはいながらも、何度も依頼しているうちに、食器の位置や、どこになにがあるかも覚えてくれて、関係性ができていく。

映画「万引き家族」を見た時も「家族って、なんだろう?」と考えてしまったけど、

このレンタル家族も、これからシニア世代が増える日本の、ひとつの家族のカタチなのかもしれない、なんてことを考えさせられたニュースだった。