テーブルだけでここまで人を感動させられるものか?!テーブルの音楽

sponsored link







タンブッコ

今朝、「題名のない音楽会」にて、衝撃の出会い。

メキシコから来た打楽器パーカッションの4人組「タンブッコ(tambuco)」

グラミー賞に4回ノミネートされている。

タンブッコ タンブッコ

奥のほうに「なんかおもろいことやったろかな」といった意図を感じる含み笑い。

そのタンブッコという4人組のうちの、3名による

「テーブル」と「手」のみを使った楽曲。

「テーブルの音楽(Musique de Table)」

テーブルだけでここまでできるのか、と朝から目の覚める映像だった。

Musique de Table

またちがった明るい場所でのロングバージョン。

クラシック・ニュース パーカッション・アンサブル 「タンブッコ」

手とテーブルで、学校の休み時間に遊んでいたらできたかのような、
しかし、インタビューで話していたのは、

「緻密に楽曲を作り、楽譜を起こし、それでも足りない部分は、
 特殊記号で表現した楽譜を作成している」
と。

決してアドリブではないアドリブ感。

それが最高の表現かもしれない。

関連動画で出てきたのはタンブッコではないが、
なかなかおもしろかった。

もっと若めで声と足も使った
リズム感のあるFUNNYな内容。

(序盤はよくわからない芝居なのですっ飛ばして、
 2分過ぎあたりからどうぞ。)

DrumSpirit – Seasense 2006 – Musique de Table

で、ここまで来ると必然的連想で出てくるのが BLUE MAN。

Blue Man Group – Drumbone (Melodifestivalen 2010 Sweden)

これもけっこうおもしろい日本の和太鼓集団「kodo」と BLUE MAN のコラボ

Mandelgroove – Blue Man x Kodo

原音楽的ポリリズムに人は興奮する本能があるのかもしれない。
と真面目ぽいことを書いたりして、

この「テーブルの音楽」はやってみたいと、短いバージョンをつないで、
1つの動画を作ったりするのもおもしろそうと、また妄想リストが1つ加わった。

 

https://i2.wp.com/tubutube.net/wp-content/uploads/2017/07/tambuco.jpg?fit=300%2C158)">

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で粒tube(つぶちゅーぶ)をフォローしよう!


粒tube 最新ニュースレター

24hOPENの「CLUB粒tube」は、個人的な偏った趣味で
粒よりの音楽と動画がPlayされています。

趣味が合うな、と思った方だけコチラへどうぞ→ 「CLUB 粒tube」

粒tube:LINE@もやってます。更新されたらメッセージしてます。
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です