曲名「iPhone」。EDMの神童 JIMMY EDGARとは?

sponsored link







JIMMY EDGAR / iPHONE

JIMMY EDGAR – ジミー・エドガー profile

Jimmy Edgar

本名 : Jimmy Edgar
スタイル : テクノ
出身地 : アメリカ
関連プロジェクト : Kristuit Salu, Michaux, Morris Nightingale
関連レーベル : Warp Records, Poker Flat, Merck Records, Michaux
オフィシャル・サイト : www.jimmyedgar.com

早熟の天才 Jimmy Edgar。 幼い頃より独学でサックス、弦楽器、ドラム、パーカッション、そしてターンテーブルといった様々な楽器を学び、テープのループを使う実験的なバンドのドラマーとしても活動していたという彼は、15歳にして早くも Juan Atkins、Kevin Saunderson、Derrick May といったデトロイト・テクノの重鎮たちと共演を果たし、地元デトロイトでその名を轟かせていた。(プロフィールの続きは下記ページにて)

出典:http://higher-frequency.com/j_database/dj_producer/jimmy_edgar/index.htm

JIMMY EDGAR – ジミー・エドガー とは?

「神童」「天才」という言葉が、各所の記事に躍る。

デトロイト・エレクトロ、そのエロスの展開
――ジミー・エドガー、インタヴュー

エレクトロニカとヒップホップにジャズを織り交ぜつつ鮮やかな手さばきで調理する神童という触れ込みで、キッチュなエレクトロをやっていたジャクソン・アンド・ヒズ・コンピューター・バンド(懐かしい!)とともに〈ワープ〉の期待の新人としてプッシュされていたはずだ。ただ、記憶を辿ると、ここに三田格が書いているように、ジミー・エドガーのライヴはその夜の〈ワープ〉のラインアップのなかでもとくにガシガシ踊れたように思う。

出典:http://www.dommune.com/ele-king/features/interview/002381/

デトロイトの神童=ジミー・エドガー4年ぶり新作(2010年)

独学でマルチな楽器をマスターし、15歳にしてホワン・アトキンス、ケヴィン・サンダーソン、デリック・メイらと競演を果たし、若干18歳にしてあのワープ・レコードとディールを交わし話題をさらったジミー・エドガー。2006年に世界中を熱狂させた『Color Strip』以来、約4年ぶりとなる待望の新作は、デトロイト・テクノを継承しながらもエレクトロニカ~ニューウェーヴ~ファンクまでを吸収し、ワープ時代よりもさらに輝きを放つポップでキャッチーな圧巻のフロア・バンガーが満載。

出典:http://tower.jp/article/feature_item/2010/07/14/67551

エッヂの効いた金属感のある音が緊張感と未来感が好きな音。

JIMMY EDGAR / DREAMZ COME TRUE [feat. Rochelle Jordan]

JIMMY EDGAR / 4FOURTH DIMENSION [RADIO RIP]

JIMMY EDGAR / sound cloud list

DJ SPOOKIE – RELOAD [JIMMY EDGAR EDIT]

 

https://i2.wp.com/tubutube.net/wp-content/uploads/2017/07/ss-2017-01-29-12.48.53.jpg?fit=300%2C224)">

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で粒tube(つぶちゅーぶ)をフォローしよう!


粒tube 最新ニュースレター

24hOPENの「CLUB粒tube」は、個人的な偏った趣味で
粒よりの音楽と動画がPlayされています。

趣味が合うな、と思った方だけコチラへどうぞ→ 「CLUB 粒tube」

粒tube:LINE@もやってます。更新されたらメッセージしてます。
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です