今井美樹も参加しているピアニストDJのソロ・プロジェクト「jazztronikまとめ」その1

sponsored link







ぼくの

2002年頃に、「jazztronik」というアーティストの「七色」という曲に出会った。

その頃は、大学のサークルでストリートダンスをやってまして、ある時、サークルの練習時間に、外部から遊びに来ていたHOUSEダンサーが、なんとな〜く流していたその曲に耳が反応した。

「なにこの曲!めっちゃええやん!」と内心興奮しつつ、サラッと冷静な様子で「これ何て曲?」と聞いて教えてもらったのが、この「七色」だった。

七色 / jazztronik

この音では、自分自身のダンスSHOWを作ったこともあり、非常に思い出の深い曲の1つ。(遠い目・・・)

そんな個人的感傷はさておき、ザックリと、本当にザックリとこの「jazztronik」を表現するなら、
jazztronikという、その名が表す通りの、jazzy な electro sound。

jazztronikとは、固定メンバーを持たない「野崎良太」というサウンドプロデューサー・DJのソロ・プロジェクト。
本人は、そもそもクラシックを専攻し、オーケストラの楽曲分析をし、自身もピアノを弾き、音楽を生み出していた。

Jazztronik – Wikipedia

そんな中、CLUB MUSIC との出会いから、electroなサウンドへ傾倒していく。

元々、音楽を専門的に学んでいた素地もあり、そこにCLUB的音楽要素が入り込むと、その音楽性は幅を広げ、確かな基礎に導かれた新しいCLUB SOUNDが生まれていった。

と、どこかで読んだインタビュー記事を、ウル覚えで脳内統合しながら書いているので、多少の誤記はあるかもしれないが、確かそんなような経歴だった。

そして、名曲「samurai」は海外でも人気を博し、数多くのCLUBでPlayされ「jazztronik」の名を轟かせた。

Samurai / Jazztronik

[LIVE] Samurai / Jazztronik

そして個人的に好きな「アオイアサガオ」。
さわやか。とにかく、さわやか。

おそらくPVの印象だが、とにかくさわやかなイメージで、
夏の海をイメージすると、それと同時に出てくる曲でもある。

アオイアサガオ / Jazztronik

で、ぼくの好きな「今井美樹」とのfeaturingものを2曲。

Serching for love / Jazztronik feat.今井美樹

Under the Moonlight / Jazztronik feat.今井美樹

まだまだあるから、その2へ、つづく。

 

https://i0.wp.com/tubutube.net/wp-content/uploads/2017/07/jazztronik.jpg?fit=300%2C262)">

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で粒tube(つぶちゅーぶ)をフォローしよう!


粒tube 最新ニュースレター

24hOPENの「CLUB粒tube」は、個人的な偏った趣味で
粒よりの音楽と動画がPlayされています。

趣味が合うな、と思った方だけコチラへどうぞ→ 「CLUB 粒tube」

粒tube:LINE@もやってます。更新されたらメッセージしてます。
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です