日本一の卑屈バンド。資生堂のCMソングになり、スッキリにも出演

sponsored link







卑屈バンドクリープハイプ

先日、8月24日25日と四国の野外フェス「MONSTER basSH」に行ってきて、

その時、ヒトキワ盛り上がりのスゴかったバンドがある。

モンバス

「MONSTER baSH」に行くにあたり、
なんだこのバンド?とYoutubeで予習していた所、

妙な超音波ボイスが聞こえてきた。

一瞬の拒否感

その後、ややハマった。

それがこのバンド

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

日本一の卑屈ロッカーと紹介された動画

そしてスッキリにも出演し、自虐的な歌詞もピックアップされた。

ハイトーンボイス&攻撃的歌詞の世界観

この2つの動画を見ると、どんなバンドかなんとなくわかった所で、、

意味深なPVを1つ。

「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」

単純に気に入って見て聞いてただけだったが、
Youtubeのコメント欄に、このPVの意味が書いてあり、
な〜るほど、となる過程が楽しかったPV。

冒頭でなぜCDウォークマンを、めったくそに踏みつけているかは、
動画の下に書いてます。

Youtubeのコメント欄を見てたら書いてあった内容なので、
本当なのかはわからないですが、たしかにそういう視点でPVを見ると、
なるほどな内容。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

PVの意味は・テーマは「過去と現在の交わり」

・主人公の男性には7年間好きな人(歌姫)いる。
 7年間同じTシャ­ツを着ておりボロボロな服装となっている

・歌姫のラストライブに行ったり、
 周りに観客がいるシーンは「過­去」という設定の映像

・ある日(周りに客が誰も居ないシーン)ライブハウスを訪れた瞬­間、
 歌姫の声は泣き声だったことに気づく
 急いでステージに登るがそこはクリープハイプがリハーサルをして­いた。
 必死に追いかけるも間に合わず「さよなら」と言葉を告げる

・クリープハイプのライブが終わり、物販でCDを購入する。
 しか­し、そのCDを販売していた女性、実は歌姫だった。
 しかし、7年­前とは体型も顔も変わり果てた姿に…。気がつかず帰ってしまう主­人公

・その後、歌姫への想いを断ち切るためにクリープハイプのCDを­聴くも
 やりきれない感情になりCDプレイヤーを壊す。

という感じだそうです。

最後のシーンで、クリープハイプのCDが入ったウォークマンを、
めったくそに踏み潰す。

自分のPVで、自分のCDをめったくそに踏み潰す。

これもかなり自虐的な行為だな。。

 

https://i1.wp.com/tubutube.net/wp-content/uploads/2017/07/hikutsu.jpg?fit=300%2C148)">

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で粒tube(つぶちゅーぶ)をフォローしよう!


粒tube 最新ニュースレター

24hOPENの「CLUB粒tube」は、個人的な偏った趣味で
粒よりの音楽と動画がPlayされています。

趣味が合うな、と思った方だけコチラへどうぞ→ 「CLUB 粒tube」

粒tube:LINE@もやってます。更新されたらメッセージしてます。
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です